サイトメニュー

液体窒素は健康保険が適用

顔に触れる女性

液体窒素や電気メス、レーザーなどがあります

いぼはウイルスが原因のものから、加齢や紫外線、衣類などの摩擦などが原因の病的でないものがあります。顔や首、胸、手足、脇などの体の部位に出来ますが、数が多かったり、皮膚から盛り上がっている場合もあります。見た目の印象が悪くなり、老けてみえる原因になるため、美容皮膚科のクリニックでいぼ治療を受けたい人が増加しています。老人性のいぼの場合は、炭酸ガスレーザーによる治療を行うことが多いです。レーザー治療は傷跡が目立ちにくく、傷の治りが速いなどのメリットがあります。短時間で施術が終わるので、体に負担が少ないなどのメリットがあります。ウイルス性の場合は、手足などに出来ることが多いですが、健康な皮膚に感染したり、家族にうつる可能性があります。電気メスによる除去や、炭酸ガスレーザーの場合は、数が多い場合でも短時間でいぼを切除できるのが特徴です。電気メスによる除去は、表面麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはほとんどなく、出血が少なく、傷の治りが速いなどのメリットがあります。首や目元、胸などのブツブツが取れるので、見た目の印象が良くなり、コンプレックスから解消されます。信頼できる美容皮膚科を選ぶと、費用の面でも相談がしやすいです。

保険適用のいぼ除去を希望している場合は、液体窒素による除去を提案してくれることが多いです。就労中の人は社会保険に加入をしているので、3割負担で治療を受けることが出来ます。患部にマイナス196度の液体窒素を、綿棒で付けていぼを焼き切る方法です。比較的数が少なかったり、あまり費用を掛けたくない人にお勧めの治療法です。施術を受けた後は、多少の痛みや水ぶくれが出来ることもありますが、一週間から10日ぐらいを過ぎると、少しずつ皮膚の状態が落ち着いてきます。液体窒素の場合は、日帰りで治療が受けられるので、仕事や家事で忙しい人には人気があります。仕事を休みたい場合は、有給休暇などを利用すると良いでしょう。美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素によるいぼ治療は大変ポピュラーになっているので、一度相談をしてみると良いでしょう。一人一人の皮膚の状態や、いぼの数、大きさなども違ってくるので、最適な治療法が違ってきます。炭酸ガスレーザーやレーザーの場合は、健康保険が使えないことが多いので、医師に聞いておく必要があります。健康保険が使えない場合でも、比較的数が少ない場合は、費用を抑えることも可能です。診察やカウンセリングに時間を掛けてくれる、美容皮膚科を選ぶと失敗が少ないです。